マネーマネジメント検定試験
マネーマネジメント検定とは

お金の教養を身につける


私が子供の頃は、「貯金しなさい」「貯金して欲しい物を買いなさい」と言われるだけで、貯金以外のお金の使い方を教えてもらうことはありませんでした。

お金は、子供から大人まで、誰もが使うものなのに、お金の使い方を知らないまま、大人になっていきます。物でも時間でも、様々な「もの」と交換できるとても「便利なお金」ですが、その便利なはずのお金が、一度、カードローンや借金などにはまると人生を狂わせる「凶器」となるのです。

例えば車の運転は、短時間で目的地にいく手段としてとても便利ですが、一つ間違えると、人を傷つける「凶器」に変わります。車の運転の仕方と同じように、私たちは誰もが小さいときに「お金の使い方」を親や学校で教わるべきものなのに、今までは誰も教えることはありませんでした。 

「貯蓄から投資へ」という方向へ日本が向かっていますが、「じゃぁ、今すぐ投資しよう!」というのは危険です。車の運転に例えると分かりやすいのですが、18才になって車の運転が出来るからといってすぐに車に乗って運転することはありません。

誰もが運転するための基礎知識と実地を学ぶため、教習所へ通い、何十時間もかけて学びます。お金や投資に関しても、全く同じです。日々お金を稼いだり、使ったり、貯めたり、資産運用したり、している中で、なんの知識もなく飛び込むのは、運転免許を持っていない人が、高速道路を運転するのと同じくらい危険な行為なのです。

だからこそ、金融教育を受けられなかった私たちも、お金について真面目に学び、豊かなライフスタイルを送れるようにする必要があると思うのです。お金とは人生を楽しむための「ツール」に過ぎませんが、お金について正しく学び、「お金の教養」を身に付け、自分らしいライフスタイルを送るためのお金の知性を身に付けて頂きたいと感じています。

泉正人

マネーマネジメント検定

今日から役立つお金の資格

マネーマネジメント検定は、お金についての考え方や貯金のしかた、家計管理や資産形成などこれまでの日本にはなかった誰にとっても必要なお金の教養を学べる検定試験です。

マネーマネジメント検定
1級について

リスク管理や資産形成に活きる知識・実践法を学ぶ。
世界から見た日本の金融状況や私たちの取り巻く環境をデータを元に把握し、
家計管理や資産形成についてしっかりと学んでいきます。

取得資格:マネーマネジメントマスター1級

マネーマネジメント検定
2級について

お金の判断基準を持つ。
基礎的な知識を獲得することによって、実際には「お金」についてどれほど知らないことが多かったのか。学ばないことがどれほど危険なのかを判断できることを目指します。

取得資格:マネーマネジメントマスター2級

現在、1級、2級ともに新規の検定申込みは受け付けておりません。

申込み再開の際にはこのページにてお知らせいたします。