メディア情報


関連書籍

誰も教えてくれないお金の話
(サンクチュアリ出版)
著:うだひろえ
監修:泉正人
お金が貯まらないのって、そういうことだったの?
思わず「目からウロコ」が連続の誰も教えてくれないお金の話。一生使える“お金の智恵”が詰まったコミックエッセイが登場!
著者が、家計、会計、住宅ローン、保険、年金、資産運用、出産、子育てについて、数多くの失敗を乗り越えて体当たりで学んでいく、楽しくてタメになる一冊です。
会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと
(サンクチュアリ出版)
著:泉正人
学生・社会人の混合クラスで行われた泉正人による面白くて深~いお金の特別授業を完全収録! 生徒に与えられた課題は「500万円あったら、何をするか?」。 生徒たちが考えたプランをベースに、泉正人が「好きなことで稼ぐ」ために必要なお金のノウハウを実践的に伝授!
ママと子どもとお金の話
(サンクチュアリ出版)
著:うだひろえ
監修:泉正人
監修:新屋真摘
「誰も教えてくれないお金の話」から1年。 著者のうだひろえさんが念願だった第1子を出産されたことを契機に、 子育てについて取材を重ね制作をした一冊。 現役子育て世代から子育てをすでに終えられた方々にも取材をして、 年収400万円でも後悔しない子育てを実現するために必要なことを掲載しました。 他の子育て本にはない視点から、子どもの教育について語っているので、 子育てに悩んでいる方にもお薦めしたい一冊です。
「世界標準」のお金の教養講座
(角川フォレスタ)
著:泉正人
文部科学省指定スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定56 校に選ばれた、品川女子学院で採用された特別授業「28 歳までに身につけるお金の知性 お金の教養講座」を書籍化。 「お金のことを考えることは人生(自分のキャリア)に向き合うこと」をコンセプトに、「信用」「価値と価格」「両面思考」という3つを軸に読者自身の将来に渡り通用するお金との付き合い方を伝える1冊。
社会人1年目からのお金の教養
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
著:泉正人
20代のビジネスパーソンや学生、特に社会人1年目のみなさんがお金との関係性をより良いものにできるよう、全面的に書き下ろし。 入社3年目までに身につけておきたい「お金の教養」43をピックアップし、それぞれ、NGな習慣、基本的な考え方、ワンランク上の仕事が一目でパッとわかるよう構成。仕事はもちろん私生活にも役立つ内容が盛り込まれています。お金を人生の味方につけて、自分らしいライフスタイルを持てるようになる、フレッシュパーソン必読の一冊。
年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!
(ダイヤモンド社)
著:大竹のり子
教育費は実は最長18年かけて貯めればいい「つかう時期」が決まったお金。長期的な視野をもつこと、受験や塾などに対してしっかりとした家庭の方針を持つことで、無理なく2人の子どもを私立の大学へ行かせることができます。受験費用、塾代、習い事、大学進学費用、奨学金、そしてお金の貯め方まで、教育費の知りたいことを全収録。 この本を読めば、 教育費の費用感や、教育費の用意の仕方、親子で資金的に無理なく生き残れる戦略がわかります。
知りたいことがまるっとわかる!お金の教科書
(西東社)
監修:大竹のり子
いつもお金に逃げられていると感じませんか? もしYESだったら、ぜひ本書をお読みください。収入と支出のチェックから、保険・失業対策・年金、結婚や住まいなどのライフプラン、貯蓄・投資など、生活とお金に関する疑問・悩みを解消するのにお薦めの1冊です。
女性のためのお金と正しく付き合う7つの授業
(宝島社)
著:大竹 のり子
イラスト:なとみ みわ
人生を生き抜いていくために絶対的に必要なもの、それはお金です。 特に女性は、男性と比較しても経済的に弱い立場に置かれることも少なくありません。 そこで、女性のための“お金のスタートブック”といえるのが本書です。 お金に対する考え方や、貯め方、稼ぎ方、増やし方などを7つの視点から、マンガによって解説。 ユーモラスなマンガによって、楽しみながら、笑いながら、共感しながら学ぶことができる一冊です。
マネーマネジメント検定2級 公式ガイドブック
(アスコム)
編著:金融学習協会
マネーマネジメント検定は、お金についての考え方や貯金のしかた、家計管理や資産形成などこれまでの日本にはなかった、誰にとっても必要なお金の教養を学べる検定試験。2級認定講座では、基礎的な知識を獲得することによって、実際には「お金」についてどれほど知らないことが多かったのか、学ばないことがどれほど危険なのかを判断できることを目指します。

雑誌

『PHPのびのび子育て』
3月号
「幸せになるためのお金の使い方を教えよう」

その他

  • 2017年5月12日
    日本経済新聞夕刊「起業家の卵 育む」