敷居が高そう?GINZA SIX(ギンザシックス)で新発見!

ギンザシックス

最近銀座に行きましたか?

普段よく行くのは新宿と池袋。銀座と聞くと「物価が高そう」と思ってしまう私。なかなか行く機会がなかったのですが、松坂屋銀座店の跡地にオープンしたギンザシックスが気になったので、数年ぶりに足を伸ばしてみることにしました。

目的は…

こちらのフロート(濃い茶)♡
お茶の老舗として有名な辻利ですが、ギンザシックスのオープンに合わせて、初めて東京に出店したのです。暑い日に飲む、濃ゆ〜いフロートは格別でした。和の甘味好きな私にとっては、あんこと白玉が乗っていることも高ポイント。少し並びましたが、飲む価値アリ!です。

そして、こちらも食べちゃいました。

ギンザシックス

PALETAS(パレタス)のフローズンフルーツバー!フルーツがたっぷり入ったアイスキャンディー。パインがゴロゴロ入っていて、こちらも暑い日にぴったりでした。

地下には他にも、「ものすごく行列ができているのり弁屋さん」「お昼頃、すでに売り切れているスイーツショップ」「長野発、地域を大切にしたジャムやワインがおいしいお店」などなど、気になるお店が目白押しでした。端から端まで食べてみたい。。

あっ、ちなみにギンザシックスは食品だけではありません。洋服やアクセサリー、生活用品や書籍など幅広く取り扱っています。食べるのが好きなので、ついつい食べ物寄りに…(笑)

最高に満たされた暮らし

ギンザシックスの施設コンセプトは「Life At Its Best 〜最高に満たされた暮らし〜」とのこと。実際行ってみると、並んでいるのは「ただ高い」のではなく「上質」なものたち。

地下から最上階までぐるりと回って思ったことは「私もこういう生活がしたい」。贅沢、ということではなく、少しでいいから上質なものを手元に置いた生活。タオルひとつ、お皿ひとつとってもそう感じるものが、ギンザシックスには品よく並んでいました。それも「満たされた暮らし」のひとつのあり方かもしれません。

ギンザシックス

*ギンザシックスといえば、気になるのはこちらの装飾。草間彌生さんの「南瓜」です。(かぼちゃみたいだなぁとは思っていましたが、本当にそうなんですね!)

なりたい自分をイメージする

結局、今回購入したのは先のフロートとアイスだけでしたが、自分がどうなりたいかをイメージする機会となったことに大きな価値を感じました。お金は人生を豊かにするツールの一つ。じゃあ、私が求める「豊かさ」って?この日感じたことが全てではありませんが、そういった基本に立ち返るのは大切なことですよね。

・どんな自分になりたいか
・どんな生活を送りたいか
・私にとっての「豊かさって」?
たまに時間をとって考えてみると、生き方や、お金との関わり方を見直すきっかけになりそうです。

みなさんも、「いつものコース」とはちょっと違う場所で、新しい価値観を探してみませんか?

金融学習協会 島田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です