ハピプロスクールでは社会還元も学びます

ハピスク

自分だけでなく、周りもハッピーに

小学生向けカリキュラム「ハピプロスクール(ハピスク)」では、お金の考え方、お金の使い方の他に、「社会還元」も学びます。

ゲーム中には「募金の日」が登場し、ゲーム後の振り返りでは募金の仕組みについて学習。また、参加費のうち100円は時期ごとに以下の団体へ寄付しています。

春:緑の募金(公益財団法人東京都農林水産振興財団内 東京緑化推進委員会)
夏:青い羽根募金(公益社団法人日本水難救済会)
秋:緑の募金(先出)
冬:赤い羽根募金(社会福祉法人東京都共同募金会

もちろん参加者のみなさんには、寄付した「証」として羽根をお渡ししています。

そして今月は寄付先切替えなので、先立って今年の4〜6月分の振込に行ってきました。
ハピプロスクール

みなさんが参加してくれることで、山に木が増えたり、街に花が咲いたり、少しずつ東京の緑が豊かになる…そう思うと素敵ですよね。

今月からは青い羽根募金!開催に合わせて、日本水難救済会様から送っていただきました。
青い羽根募金

日本水難救済会では海での救難をボランティアで行っているそうで、寄付金はボランティアの出動報酬や救難機材などに充てられるとのこと。海での事故は起こらないことが一番ですが、こういった活動をしている方がいらっしゃるのは心強いですよね。

自分だけがハッピーになるのではなく、周りの人もハッピーにするお金の使い方があること。今後も、ひとりでも多くの子どもたちに伝えていきたいと思います。

島田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です